引越しの荷物は全部持って行くべき?捨てるべき?

物の数によっては一旦捨てる選択も持つ

ファミリーで引越しとなると、それぞれの荷物、家族共通の荷物などがあります。単に生活に必要な荷物だけでなく、思い出の荷物などもあるので簡単には捨てられません。でも、一人暮らしの人が引越しをするときは、それほど荷物はないかもしれません。この時、一旦捨てるのも考えとして持っておきます。捨てるメリットは、運ぶ荷物の量が減ります。家電や家具、その他食器や本などどうしても持って行きたいもの以外は捨てます。では新居ではどう生活するかですが、新居で新たに買い直します。もちろん新たな購入費用がかさみ過ぎるのは良くありませんが、古い家電などは買い替えた方が生活の質が向上するときもあります。多くのものを捨てると、その分新居での片付けが簡単になります。

間取りが違えば広くなっても片付きにくい

引越しをする理由の一つに荷物が増えたことがあるかもしれません。広いところに引越しをすれば、その分スペースが広がるはずです。快適に暮らせると思うでしょう。しかし、物件が異なれば間取りが異なります。これまで置いていた家具家電をそのまま効率的に置けるとは限りません。広くなったけれども、サイズなどが合わず効率的に家具などを配置できない時があります。無駄な配置が増えると、結局自由な空間はそれほど広がらないか逆に狭くなるときもあります。それを防ぐには、家具や家電の寸法などを測っておき、新居でどう片付けるかの予定を立てておくと良いでしょう。すると、新しいけれどもサイズが合わない家具や家電などが出てきます。それらは買い直せばいいでしょう。

不用品の回収とは、引っ越しで持っていくことができない品物や、日常生活で使わなくなった家具類や家電製品などいらなくなったものを回収することです。