仕事の成長!自分で作る課題と結果を積み重ねる!

テストがないから自分で課題を作る

社会人になってしまうと学生の頃のようなテストはありません。そのため成長の度合いを測ることが難しいです。そこで自分で課題を作ることが大事になります。仕事でできないことを課題として列挙しておき、どのように克服するかを想定するのです。人間関係を円滑にするためのコミュニケーション能力や営業技術の向上など課題はいくらでも見つかります。その課題を克服するための行動を記録しておくと良いでしょう。期限を決めて克服する努力をします。全てが上手くいくわけではないですが、意識的に変えようとすると結果もついてくるものです。努力をしていないといつまで経っても同じところをぐるぐる回るだけですので、成長にはつながりません。

結果を採点するのは自分

仕事での成長を他人に認めてもらうには、仕事で結果を出す必要があります。営業成績を上げるとか、戦略プランを立てるなどの結果は他人から評価を受けるでしょう。自分で成長を実感することも他人の評価と同じくらい大事です。自分で成長したことを実感すると次のステップに進むことができるからです。自分で実感するためには結果を採点するのがいいでしょう。自分の実力で取れた仕事ではなかったとか、勉強不足を痛感したということもあるかもしれません。その足りなかったという結果が大事なのです。満足してしまったらそこで成長が止まってしまいます。そうならないためにも採点をして自分に足りないことを洗い出しましょう。洗い出したものを次の機会に頑張って修正するようにします。

ビジネス上の決済などで上司の審査や承認が必要な場合、物理的な書類を持ちまわることがあります。ワークフローは、この作業をオンライン上で行うもので、作業時間の短縮をはかることができます。