アクティブラーニングを取り入れよう!社員研修で実力を高めるには?

受け身の社員研修はやめてしまおう

社員研修として一般的なのが社員に対して講義を行う方法です。知識として得ておいて欲しい内容や、近年の業界の動向などについて講義を行って理解を促し、社員の全体的なレベルアップを図るのが主な目的になります。また、企業としての成長の方向性を共有することによって、何を目指して働いていけば良いかを理解させる機会としても活用されているのが一般的です。しかし、このような形で社員が受け身になる社員研修はあまり効果が上がりません。中には居眠りをしていて話を聞いていない社員がいる場合もあり、実施することに意義が見出だせないこともあります。そのような労力の無駄をするくらいなら社員研修をやめてしまった方が良い可能性すらあるでしょう。受け身の社員研修はやめて、もっと社員が積極的に実力を伸ばせるようにする研修を計画することが大切です。

アクティブラーニングを取り入れる魅力

教育現場ではアクティブラーニングを取り入れる傾向が強まりました。受け身で講義を受講するのではなく、積極的にディスカッションやプレゼンテーション、情報収集などを行うタイプの教育指導が重視されるようになっているのです。これを社員研修に応用するのは社員の実力を上げるのに効果的でしょう。アクティブラーニングを取り入れると実際にプレゼンテーションを実践したり、フィールドワークをしたりする機会が手に入り、今まで自己研鑽に力を注いでいなかった社員も能力を伸ばせるようになります。優秀な社員と一緒に研修を受けることで刺激にもなり、全体的な能力の底上げができるのがメリットです。

社員研修とは新入社員が仕事をする上で基盤となる流れや仕事のやり方、社会人としてのマナーなどを学ぶことを言います。新入社員ではなくても新しく取り入れられるシステムについて学ぶなど使い方は幅広いです。