プライバシーを守る方法!自分の情報は自分で守る!

プライバシーを守る方法

誰でもプライバシーは守りたいものです。知られたくない秘密だけではなく、個人情報を知らない人が知っているというのは気持ちいいものではありません。そこでプライバシーを守る方法として重要なのが、情報を出さないということです。個人情報が入ったゴミは裁断してから出すとか、アンケートに住所や電話番号を書かないとか、簡単ですが効果的な守り方です。プライバシーを守る意識が高ければ、情報を外に出すことをしなくなります。意識的に情報を統制するだけでも効果は高いでしょう。

情報はインターネットからでも流出する

個人情報を守るために紙のアンケートに答えないようにしても、インターネット上に情報を公開していたら意味がありません。SNSなどの情報共有サイトは決して安全とは言えないのです。誰が見ているかわからないので、その情報を利用するかもしれないからです。そうなったら止める手立てはほとんどありません。インターネット上に情報を公開しない方がプライバシー保護の観点ではいいといえます。公開しない又は情報を制限するなどの配慮は必要でしょう。

情報は売り買いされている

個人情報は業者間で売り買いされているものです。簡単に知り合いだからと言って個人情報を教えない方がいいでしょう。信頼している人だけに情報を公開するくらいの気持ちが大事です。個人情報にはメールアドレスも含まれています。電話番号よりもメールアドレスの方が重宝される業界もありますので、覚えておくと良いでしょう。迷惑メールを受け取りたくないのならメールアドレスも公開しないことです。

機密文書は、企業に関する極めて重要で秘密保持が必要な文書です。極秘文書は最高ランクの重要度。秘文書は極秘文書に次いで秘密の文書。社外秘文書は社内でのみ共有が許される文書。主にこの3種類に分かれます。