オフィスを移転するときにも使えるレンタルオフィス

じっくりと物件を探せます

レンタルオフィスは、その名の通り事務所のスペースを借りられるサービスです。一般的な事務所用の賃貸物件とは異なり、従業員の数に応じて大小いろいろなオフィスが用意されています。レンタルオフィスはビジネスを始めようとしている(あるいは開始直後の)経営者が初期投資を抑えるために利用する事例がありますが、ある程度社歴があり、規模が大きくなりつつある企業でも利用価値があります。その一例がオフィスの移転です。順調な企業ほど、従業員の数が増加傾向にありオフィスがすぐにせまくなってしまうことがあります。すぐに移転先の物件が見つかればよいのですが、よい条件の物件はなかなか見つからないものです。そんなとき、レンタルオフィスを仮のオフィスとして使ってください。もう少し時間をかけて物件を探せば、ピッタリの物件が見つかるかもしれません。よいオフィスはよい業績に結びつくかもしれませんよ。

未知のエリアに進出するときにも使える

事業が順調に推移すると、オフィスを広げるだけではなく、別のオフィス(支店)をかまえることもあります。新オフィスを近い場所に用意する場合はともかく、少し離れた場所に設置することもありますよね。東京に本社があるとして、支店を大阪に出すなどのパターンです。遠い地域には土地勘がない場合も多いでしょうから、賃貸物件の相場などを把握するのに時間がかかりがちです。こんなとき、現地でレンタルオフィスを借りて小規模にビジネスを開始するのもひとつの選択肢です。物件探しに時間をかけたり、その地域でビジネスがうまくできそうかテストをしましょう。最初から広いオフィスを契約するよりもリスクを抑えられます。

福岡の賃貸事務所は地下鉄のアクセスが良い所に集中しています。格安の物件を借りたい場合は、少し駅から離れてみてはいかがでしょうか。