あなたの会社は大丈夫?事業承継の対策と秘訣とは!

事業承継はなぜ対策が必要か

事業承継とは、会社の経営について経営者が後継者に譲ることで、実質的な経営権を引き継ぐことです。ただし、前もって対策をしておかないと、今後の会社の経営や納税に影響がでてきます。経営者の死亡によって、相続で一度に引き継ぐとなれば相続税負担が重くなるためです。事業承継対策としては、株価を引き下げながら、生前に株式を後継者に移すことが秘訣です。ではなぜ、株式を下げなくてはいけないのでしょうか。経営者自身の会社が発行する株式は自社株といい、通常は上場していないため取引相場がなく、売却して納税資金にあてるのは困難です。ところが、自社株の評価は相続税評価額が額面の数十倍となる事もあり、相続税の納税資金が捻出できない事態になってしまうのです。売り上げが伸びていて、利益も多い会社は特に早めに対策をする必要があります。

事業承継における買いニーズとは

早めに事業承継対策に取り組んだとしても、経営者が突然亡くなってしまう事も考えられます。そうなると、相続税や法人税の納税資金の用意が不可欠です。しかし、どうしても納税資金が足りない場合は、自社株を売却するしかありません。取引相場がないため自分達で売却するのは難しいので、専門の会社や機関に依頼します。この買って欲しいものを、買いニーズといい株式や不動産などです。依頼されたところが買いませんか、という募集をして買ってもらうと売買が成立します。いずれにしても、額によっては経営権(会社)を譲渡することになり、円満な事業承継ができなかったことになってしまいます。事業承継の対策が、いかに大切か分かっていただけましたか。後で後悔しないように、早く専門家に相談して対策しましょう。

早期に税理士事務所で相談するのが、事業承継を計画通りに進めるコツです。特に後継者の育成に力を入れるのが、長期的に企業を発展させるためのポイントです。